読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

that passion once again

日々の気づき。ディスク・レビューや映画・読書レビューなどなど。スローペースで更新。

003 AMAZING STORY 姫乃樹リカ (1989)

ディスクレビュー

とにかく聴くと切なくなるアルバムです。

中2でひきこもりのような鬱状態になり、

誰とも口を利きたくない時期がありました。

その頃にカセットプレイヤーから常に流れていたのがこのアルバム。

学校をふけて遠出した時も、イヤになって家出をした時も、

どこに行くのもこのアルバムが僕のお供でした。

エヴァンゲリオンで例えるなら、シンジのS-DATの中身が、

僕の場合、姫乃樹リカの「AMAZING STORY」だったわけです。

 

アイドルのアルバムとは思えないほど、

今聴いても遜色のないクオリティーです。

特に「HERE WE GO! -片想いからはじめよう-」は突出の出来。

伸びのある透き通った歌声が十二分に発揮されています。

 

他にも「EMPTY HEART」「碧いプラネット」の極上バラード。

 「時間を止めて」「不思議な彼」では本人が作詞をしている。

もう少しデビューが早ければとか、遅ければという声もあるが、

"姫乃樹リカ"といういかにもアイドルらしい名前とルックス、

その内に秘めたアーティスティックな部分のギャップ、

それがなければ成り立たないのがこのアルバムの魅力だと思う。

80年代最後のアイドルが最後に放った極上の名盤ではないだろうか。

AMAZING STORY

AMAZING STORY