読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

that passion once again

日々の気づき。ディスク・レビューや映画・読書レビューなどなど。スローペースで更新。

005 LINDBERGⅣ LINDBERG (1991)

LINDBERG=今すぐKiss Meというイメージが、

今でもかなり色濃く続いているが、

ヒット曲はそれだけではないのはファンは周知の通り。

特に4枚目のオリジナル・アルバムである本作は、

ミリオンセラーの大ヒット、

バンドのエネルギーが爆発した大傑作。

3ヶ月連続リリースのシングルや、

シングルカットでヒットとなった「BELIEVE IN LOVE」

収録曲数も全15曲と、当時の勢いを如実に現している。

 

アルバムは10曲入りで3000円というのが、

高校生の僕にはセオリーだと思っていたんだけど、

このアルバムは15曲も入っていて、

しかもデジパック仕様で、おまけのポスター付き、

それでお値段据え置きの3000円。

なんてスゲーんだと、高校生の僕は胸を躍らせた。

さらにレコードショップのポイントがたまっていて、

2500円もサービスしてもらえたものだから、

そのコストパフォーマンスは破格だった。

 

ちょうど思春期を迎え、自分探しの旅に出た僕には、

「Dream On 抱きしめて」や「LOOKING FOR A RAINBOW」は

自分を鼓舞するための一種のアドレナリン増強剤だった。

LINDBERG IV

LINDBERG IV