読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

that passion once again

日々の気づき。ディスク・レビューや映画・読書レビューなどなど。スローペースで更新。

006 REALIZE 徳永英明 (1989)

ディスクレビュー

「輝きながら…」で彼を知り、

「最後の言い訳」ですっかりファンになった。

夜のヒットスタジオ』での泣きながらの熱唱が、

中坊の僕の心をつかんで離さなかった。

 

当時、まだCDラジカセを持っていなかった僕は、

レンタルショップでこのCDを借りて、

妹の友達の家でカセットテープにダビングをしてもらった。

今思えば随分と図々しい輩だったと思うけど、

それしかこのアルバムを聴く方法がなかったのだから、

それはもう必死の思いだった。

妹への恥も、たいして仲良くもない友達に頭を下げることも、

徳永英明を聴くためには我慢してやり遂げなければならなかった。

 

「君の青」「MYSELF -風になりたい-」など、

後の徳永英明を形作る名曲がびっしり詰め込まれている。

当時、付き合っていた女の子から、突然サヨナラを言われて、

失恋の苦い思い出が蘇る「僕の時計」が甘酸っぱい。

REALIZE

REALIZE